Author Archives: Togusa

日本の企業はソーシャルメディア活動をまるでわかっていない中でのブックオフオンラインの素晴らしい事例

17 1月 17
Togusa
No Comments

 

この記事は、6年くらい前の2011年、Twitterで活動した経験から、その後に、執筆されています。

それを、現在(2017年)、手直ししたものである。

最初に

ソーシャルメディアとは個人のためのものである

基本的に、ソーシャルメディアとは、セルフブランディングと言って個人が主体のものである。

勿論、TwitterやFacebook、珍しいところでは、Pinterestで海外に向けて企業が活動している。

しかしながら、あくまでも主体は、消費者や一市民である。

なぜなら、それらソーシャル・メディアで活動している企業は、テレビCMでは、イメージやブランドとしてしか、消費者に伝わらないものを、1個人にダイレクトに、自分達の伝えたいことを広報しているのである。

(というのは、過去の話になってしまった。)

Read More…

Best 9 Free Web Material Market

16 1月 17
Togusa

No Comments

 

Fonts, Graphics, Themes and More ~ Creative Market

[browser-shot url=”https://creativemarket.com/” width=”600″ height=”450″ alt=”Fonts, Graphics, Themes and More ~ Creative Market” target=”_blank”]
Read More…

恵まれた高齢者世代と喧しい全共闘(団塊)ジュニアへ

31 12月 16
Togusa
,
No Comments

 

昔の日本の庶民は、政府に騙されて戦争で無茶苦茶にされたといって被害者面。

実は、日露戦争への敗戦処理の領土分割で、大きな不平を言い、戦争への道を作ったのは、日本国民自身。

そして、今度は、オレオレ詐欺のような簡単な詐欺に引かかっり、じじい世代は、被害者面。

Read More…

[書評]モラヴィア『軽蔑』(池澤夏樹=個人編集 世界文学全集)河出書房新社

31 12月 16
Togusa
No Comments

おすすめ 河出書房新社

この書籍池澤夏樹=個人編集 世界文学全集『マイトレイ エリアーデ/軽蔑 モラヴィア』は、極上の心理サスペンスである。

<あらすじ>

この物語は、夫・リッカルドの視点から書かれた一人称の物語である。

リッカルドは、劇作家となることを目指していた。

身分不相応のアパートを購入し、その支払いを工面するために、不本意な報酬のいい映画のシナリオを書くという仕事を引き受ける。

アパート購入は、妻の夢でもあったはずだ。

Read More…

カテゴリー