Author Archives: %s

[ 読書レビュー ] 『資本主義の終焉と歴史の危機』〜僕の新たな読書体験の突き進む道標となるような本である。

05 1月 20
Kazu
No Comments

 

80年代、僕が大学生の頃、浅田彰の「構造と力」という現代思想の内容を紹介する、高度に洗練された本がベストセラーとなっており、僕は、その本を手にしました。

ある本で、この本の事を、そう紹介されていたのだが、当時あった、大学受験の参考書のチャート式のように、システマティックに数学的センスを感じさせる書であった。

余談だが、浅田彰の恩師というか、良き理解者に、森毅という先生は、数学者であった。
恐らく、森毅先生のご著書であろう、幾つかの数学に関する文庫本は、とてもクールで冴えていた。
残念ながら、本の名前を忘れてしまった。
今、保守派で鳴らしている藤原○○なんていう、国家に対して、人を連想させてしまう品格などという言葉を使う、ベタベタなオヤジと大違いだ。
親戚だからと言って、新田次郎なんかの名前を勝手に出すなよな!
まぁ、板東なんとかいう女性学者が、二匹目のなんとかというのを、幾つも出版しているのは、ご愛嬌としよう。

余談ついでに、僕が、5歳くらいか、泣きながらやらされたのは、「さんすうだいすき」とかに似た、非常に考えないと答えが出ない、数学の本だった。
その本の形、大体の中味を薄らと覚えているのであるが、Amazonで検索しても、「○○だいすき」が出て来ても、肝心のその本は、未だにわかりません。
モノを考えるという癖を付け、オリジナルに答えを出すということを、それを原体験と持つのは、今でも、親に感謝している。

数学というのは、洗練された形で、モノを考える、自然科学における哲学のようだ。

本題、本題(^_^;

Read More…

[ 読書レビュー ] 『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』前著「ワーク・シフト」のデキより断然いい!!あなたの働き方においての考え方が変わる、これからの時代の必読の書。

05 1月 20
Kazu
No Comments

 

この本の内容を、例え、教養として知っているかどうかで、今後、大きく、あなたの働き方においての考え方が変わるような書。

ワークシフト
働き方の多様性とは、単に、派遣として働くか、正社員として働くかではない。
この本にあるように、その人のライフプランにおいて、時に、勉強、資格の為に中断をするような、簡単には、答えの出ない生き方をしなければならない。

Read More…

[ 読書レビュー ] 『平成デモクラシー史』 丸山真男の言う政治報道では多分ないが、平成期の政治ドラマが、よく描かれており、読み応えあり。

03 1月 20
Kazu
No Comments

 

丸山真男が、日本のジャーナリズムには、政局報道はあって、政治報道はないと喝破されているが、
新聞によっては、どの政治家とどの政治家が、会食して、どーのこーのと批評、評論をベースにしない、実につまらない記事に遭遇する事がある。

著者は、新聞記者であったようだ。

この『平成デモクラシー史』は、新書ではあるが、アカデミックや学問的とは少し違った、政治の読み物として面白い本となっている。
幾ばくかの分析も加えられている。

官僚主導から政治家による政治主導の政治へのチャレンジを基調に、与野党の共通の基盤のシステム構築の様子を統一感がある感じで、政治家の肉声を交え、つまらない政局報道とは画した形で、平成の政治権力を巡る人間ドラマが、読みやすい形で提供されている。
なので、橋本龍太郎首相から現在までの政治を、「政治改革」をキーワードに、おさらいできます。
非常に大分であるが、スラスラ読めます。

Read More…

マルクス・エンゲルス 『共産党宣言 』(岩波文庫)を、その後のソビエト連邦建国を考慮に入れず、真面目に読んで生真面目に考察してみる。

02 1月 20
Kazu
No Comments

 

この本は、マルクス、エンゲルスが加入した『共産主義者同盟』のために書かれた党の綱領である。
そのドイツ語の序文には、”理論的で実践的な”とある。
この本を共産党というイデオロギーに距離を置いて、読み、その後にできたソ連という存在の影響を抜きにして、生真面目に本の内容を考察してみたい。

Read More…

表現の自由、インターネットにおける表現の自由を考える。

29 4月 19
Kazu
No Comments

高度な近代社会において、

表現の自由は、

「私には、○○。」という意見を表明する、表現の自由が存在する。

というスタンスではなく、

どれだけ、頭に来ようが、どれだけ、怒り心頭しようが、

君には、そういう意見を述べる表現の自由が存在する、というスタンスで存在する。

Read More…

WordPress マルチサイトをインストールできるレンタルサーバーまとめ比較

31 1月 19
Kazu

No Comments

 

マルチサイトのWordPress は、どこのレンタルサーバーにも適応できる訳ではありません。

例え、対応していていても、サブディレクトリ型のみとか、制約がある場合があります。

ここでは、僕が、ロリポップから移行しようとして、レンタルサーバーを探した経験を活かして、マルチサイトに対応したレンタルサーバーを特集して、まとめてみたいと思います。

Read More…