Recent Posts

Standard gallery post

22 8月 11
No Comments

Vivamus vel mi lorem. Sed vitae felis nisl, at venenatis tortor. In at velit ac turpis aliquam volutpat. Ut et nibh augue. Integer imperdiet convallis massa nec gravida. Sed eleifend porta urna. Praesent non nisi tellus, ut lobortis massa. Sed pretium pretium elit et vulputate. Quisque nec justo lacus. Phasellus tristique sapien ut dui sagittis feugiat. Pellentesque quis leo vitae magna vulputate ultrices quis vitae justo. Nulla vel imperdiet augue.

This is link

22 8月 11
No Comments

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Phasellus blandit porta tellus non vulputate. Nam in nulla ut augue bibendum aliquet eget eu velit. Suspendisse non ligula sit amet felis volutpat hendrerit eu ac odio. Etiam elementum dui vel libero laoreet sagittis. Vestibulum ac elit orci, et cursus mauris. Nulla vehicula lorem odio. Mauris vel mauris justo, sed adipiscing neque. Nam ipsum dolor, congue ac vestibulum eget, luctus nec ipsum

This is an aside

22 8月 11
No Comments

This is an Aside post. It’s displayed without a title, very useful for posting quick notes. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Phasellus blandit porta tellus non vulputate. Nam in nulla ut augue bibendum aliquet eget eu velit. Suspendisse non ligula sit amet felis volutpat hendrerit eu ac odio. Etiam elementum dui vel libero laoreet sagittis. Vestibulum ac elit orci, et cursus mauris. Nulla vehicula lorem odio. Mauris vel mauris justo, sed adipiscing neque. Nam ipsum dolor, congue ac vestibulum eget, luctus nec ipsum.

今年No.1は間違いなし!! 福井晴敏 「Op.ローズダスト」

13 11月 06
Kazu
No Comments

北朝鮮からテポドン、打ち込まれるわ。今度は、ソビエトに密漁とはいえ全く無抵抗な一般の漁船が射撃され、船員が殺されるわ。我々、日本が国として相手が攻撃してこなければ、こちらは攻撃しないという専守防衛を頑なに貫いていることをいいことに、随分、勝手なことをしてくれるじゃないですか。
とうとう北朝鮮は、核実験しちゃうし。

これで、日本の状況がナショナリズムに傾かなければ、国民としてどうかしている思うのですが、現実は、日本国民は、靖国問題で中国や韓国からの抗議に対して、大いに怒り、ナショナリズムに走りますが、ロシアの問題に関しては、今ではテレビも取り上げない。
それが、“この国の状況”である。

日本人は、いつもどこかずれている。
大事な安全保障の問題じゃないの?
靖国問題のような、ある意味、感情的に対応できる問題に関しては、大いに取り上げられ、国民も大いに意見を述べるが、安全保障などある意味、専門性があり、論理性などが問われる問題は、一部の人しか語らず、すべて後回しだ。
それが、“この国の状況”である。

Read More…