タグ: 基本、基礎

読みやすい文字レイアウトーレイアウトの基本

07 5月 21
Kazu
,
No Comments

 

情報を正確に効果的に伝えるには、文字の読みやすさは重要である。
文章をスムーズに読んでもらうには、字間や行間、レイアウトの知識が必要となって来る。

Read More…

フォントの選び方、使い方、複数のフォントを選ぶ場合

05 5月 21
Kazu

No Comments

 

フォントを効果的に使うには、意識的である必要がある。

フォントに対するビジュアル・スキルを高める方法は、自分が見ているフォントをカテゴライズし、そのカテゴリーに当てはまるフォントのサンプルを集めることが有効である。

Read More…

色の組み合わせ ー デザイン、配色の基礎、基本

01 5月 21
Kazu
, ,
No Comments

 

色相環を活用して色を選ぶ

デザインの印象は、用いられている色の印象だけでなく、どのような組み合わせの色を使っているかによって、大きく、見ているものの印象が異なる。

ここでは、色相環を利用した色をピックアップする方法を説明します。

類似色で組み合わせる

 

類似色とは?

類似色

色相環上で近くに配置されている色。

類似色は、色相の変化が少なく、類似色をピックアップして組み合わせると、自然な色の組み合わせとなる。

類似色は、違和感なく受け入れられるが、変化が少ないことから、画面が退屈になりやすいデメリットがある。

補色で組み合わせる

補色とは?

色相環上で対角線にある色。

補色は、互いを引き立て合う性質がある。

補色

配色設計

いずれかの色をメインに使い、補色をアクセントカラーに利用すると、全体を引き締め、画面に緊張感を与えることができる。

色相環の角度から組み合わせる

色相環上の等間隔にある色を選び出す方法がある。

色相の変化の割合が等しいため、バランスの取れた配色となる。

トライアドとテトラード

テトラード

色相環を4等分して選択した色。

トライアド

色相環を3等分して選択した色。

彩度、明度を揃えて、同じトーンで組み合わせる

トーン概念図

トーンを揃えて配色することで、トーンが持つ共通のイメージを表現することができる。

使用する色の面積で印象が変わる

同じ色を使っていても、その使用する色の面積で大きく、印象は変わる。

配色設計

色の組み合わせを考える際は、どの色をどれくらいの面積で使うか、それぞれの色をどれくらいの割合にするかも考えておく必要がある。

<参考書籍>

Webデザインとコーディングのきほんのきほん

色が持つイメージ ー デザイン、配色の基礎、基本

01 5月 21
Kazu
, ,
No Comments

 

暖かみを感じる「暖色」、冷たさを感じる「寒色」。
色は、それぞれ特有のイメージを持つ。

Read More…

色の基本ーデザイン、配色の基礎、基本

30 4月 21
Kazu
,
No Comments

 

色相と色の三属性

色相

赤、青、緑など、いわゆる色味の違いをいう。

色相にどのような種類があるのか、その全体像を把握したい場合、「色相環」が便利である。

色相環

色相環

Read More…

グルーピングと要素の差別化ーデザインの基礎、基本

29 4月 21
Kazu
,
No Comments

 

関連した要素をグルーピングし、そのまとまりを見せ、それ以外の異なる要素を差別化して見せるという事は、レイアウトを考える上で重要なポイントとなる。

Read More…

要素を揃えるーデザインの基礎、基本

28 4月 21
Kazu
,
No Comments

 

デザインは、「要素を揃える」ことから始まる。

「揃える」ことで要素に秩序を与え、整った状態を生み出します。

規則性のある状態は、人の目を留め、その整った構図は「安心」「安定」を感じさせることができる。

Read More…

デザインする目的ーデザインの基礎、基本

06 6月 20
Kazu

No Comments

 

デザインは、見た目を整えるだけではなく、閲覧者に向けたメッセージを明確にするために行う。

Read More…

[ JavaScript ] 記述の基本、基礎

01 4月 20
Kazu

No Comments

JavaScriptの基本

オブジェクト:操作するモノ、対象。

オブジェクトとは、操作のための機能も備えている。

メソッド:動作を促す、オブジェクトに対する命令。

パラメータ:何を

プロパティ オブジェクトの持つ性質。

プロパティにも値を渡せるが、「=」で指定する。

JavaScript の記述の仕方

[命令する対象(オブジェクト)]+[.(ドット)]+[命令(メソッド)]

の形式で書く。

オブジェクトとメソッド/プロパティは、「.」(ドット)でつなぐ。

Read More…

フォントの基礎、基本。フォントの種類。

11 9月 18
Kazu

No Comments

 

フォントに対するビジュアル・スキルを高める方法は、自分が見ているフォントをカテゴライズし、そのカテゴリーに当てはまるフォントのサンプルを集めることで有る。

和文と欧文を組み合わせる場合、明朝体とセリフ書体、ゴシック体とサンセリフ書体を組み合わせると、調和を取りやすい。

フォントの持つ役割

どのようなフォントを使用するかで、文章の読みやすさや理解しやすさが異なってくる。
伝えたい情報に合わせたフォントを利用することで、ユーザーによりよく情報が伝わる。

また、フォントは、情報を伝える文字であると同時に、イメージを決定づける大事なデザインの要素でもある。

フォントが持つ特徴やイメージを理解して、用途に合わせて使い分けることが大切である。

タイプフェイス

文字そのものの形やデザインのこと。

Read More…