Monthly Archives:1月 2015

jQueryを使う制作上のメリット

26 1月 15
Spike
No Comments

 

jQueryを使う制作上のメリット

  1. デザイナーにとって、JavaScriptより簡単に、直感的に実装できる
  2. HTML、CSSの知識や概念が応用できる
  3. JavaScriptを習得しなくても、Webページに多彩な機能を実装できる
  4. クロスブラウザに対応している
  5. ほかのJavaScriptライブラリーとの競合を回避できる
  6. 拡張性が高い

Read More…

jQueryを使う制作上のメリット

26 1月 15
Spike
,
No Comments

 

jQueryを使う制作上のメリット

  1. デザイナーにとって、JavaScriptより簡単に、直感的に実装できる
  2. HTML、CSSの知識や概念が応用できる
  3. JavaScriptを習得しなくても、Webページに多彩な機能を実装できる
  4. クロスブラウザに対応している
  5. ほかのJavaScriptライブラリーとの競合を回避できる
  6. 拡張性が高い

Read More…

パソコン通信時代からネット接続していた僕が最も恐ろしかったこと それはカルトか!?テロ集団か?

22 1月 15
Spike
No Comments

 

僕は、インターネット黎明期、まだIEやGoogleなどが登場していないニフティサーブのパソコン通信時代から、ネットにアクセスしています。

年代で言うと、1990年代初めか1980年代終りの頃だったと思います。

インターネットも始まった頃は、牧歌的でした。
ニフティサーブの時代に、既にチャットは存在してたのですが、入室する際、勇気が要ったのですが、「仕事終わりに、軽く話しませんか?」と話し掛けられ、びびって退散。

Internet Explorer(IE)登場後も、口をあんぐり開けて待ってるほどの遅さにも、別に、気にせず、のんびりしてました。

僕らが、ティーンエイジャーの頃、文通文化というのがあり、雑誌の読者の欄で、文通相手を探してたりしました。
1990年頃というのは、バブルがはじけて居たのかも知れませんが、決して暗い時代ではなく、また、出会い系というのも、まだ存在せず、文通文化の名残か、「ご近所さんを探せ!」というのがありました。

今でも、「ご近所さんを探せ!」というサイトはあるようですが。

そこで、ほかにもメール交換していた人はいると思いますが、今でも覚えてるのは、女子高生とメール交換をしてました。

と聞くと、皆さんが想像するのと全く違うのですが、単なる音楽の趣味で少しやり取りしてただけです。

割と近くに住んでいたようですが(アバウトな住所しかわからず、メールアドレスもサイトのもだったと思います。)、今のように会おうとか、別に考えない時代でした。

そもそも、出会い系が登場するまでは、誰もネットを通して誰かと会おうとか、女子高生を騙りつつ、実は、おじさんだったなんて、発想そのものが存在しないでした。

この頃は、サイトもWordで作ったの?的なものが、ほとんどでした。

それから、爆発的な勢いでネットは進化し続けています。

ブログも2005年くらいに始めました。
今では、当たり前のようなネットの存在ですが、2005年の時点では、日本の全世帯にネットは存在しなかったのではないでしょうか。

最初は、Amazonも、詐欺られたら、クレジットカードの保険を効かそ、てな具合で、クレジットカード番号を登録しました。

ずっとネットにアクセスし続け、書き込みや何かやブログをしていると、色んなことに出会いました。

マニアな映画のCD化されていないサントラのテープを送って貰ったり、オフ会したりと、嬉しい出会いもありましたが、今は、なんとなくイーブンですが、やっぱり心に残るのは、嫌なこと、傷ついたことです。

その中でも、今から書くことは、弩級の出来事です。
少なくとも、僕にとっては。

Read More…

お知らせ

22 1月 15
Spike
No Comments

 

近日中に開発以外のWordPress関係の記事をWordPress,ブログ初心者のために .へ移行します。

お知らせ

22 1月 15
Spike
No Comments

 

近日中に開発以外のWordPress関係の記事をWordPress,ブログ初心者のために .へ移行します。

障害者雇用、就職・転職、仕事を探す上で役立つサイト、求人サイトまとめ

21 1月 15
Spike

No Comments

 

SOHO,在宅ワークのマッチングサイト厳選7選.の記事を書くために、在宅ワーク、ホームページ制作などで検索していると、割と多くの障害者が、在宅仕事を探されていたようでした。

その記事に付け加える形で書いていたのですが、記事を読むターゲットが違うため、新規に書き改めました。

尚、こちらも、僕が有益と思える情報を取捨選択しているのみで、実際の求人申し込み、トラブルは、自己対処、自己責任で行って下さい。

障害者を対象とした在宅仕事は、まだまだ少なく、主にIT業種への就職を前提とした情報をメインに掲載しています。
他職種をお探しの方は、キーワード等を変更するなり、ご自分で検索してみて下さい。

Read More…

カテゴリー