Monthly Archives:6月 2014

大江健三郎「洪水はわが魂に及び」、ノアの方舟、浅間山荘事件

21 6月 14
Spike
No Comments

 

取っ付き難いと言われる大江健三郎氏だが、僕のミステリー以外の読書歴では、村上春樹と並んで、よく読んでいる作家である。
が、確かに取っ付きにくい。僕も、何となく、その世界に浸りたい時期と読むことすらできない状態もある。

mixiで、僕が読んでとても面白かった『同時代ゲーム』と並んで評されていたのが、この『洪水はわが魂に及び』であり、以前から気になっていました。

作家としてではなく、言論人としての大江氏とでは、政治的立場を異としますが、それでも、もはやほとんど永眠されている戦後知識人の最後の砦であり、同じく戦後知識人の良心のようなものを感じ、敬意を表しております。

Read More…

おすすめ女性向けWordPress公式配布無料テーマ12選

11 6月 14
Spike

No Comments

今回は、女性向けと思われるテーマを選んでみました。
あくまで男性の僕から見て女性向けと思われるテーマなので、基調とした配色がピンクのものが多くなっています。
また、制作者自身も女性が多かったりします。

尚、テーマ画面の右端にうっすらと見える紫色の上下の▲は、僕の拡張ですのですので、お気になさらずに。


 

尚、もっと自分であったWordPress公式のThemeをお探しの方は、毎週末、「テーマ」の新規追加で、「最新」もしくは「おすすめ」をチェックされることをお勧めします。
平日よりも週末の方が更新、新規投稿が多いようです。
尚、WordPress.orgから探す場合は、画面上に「このテーマは、○○年、更新されていません。」という但し書きがあるものもあるので、ご注意を。

テーマのインストール法

➀管理画面で「テーマ」→「新規追加」。
検索→「インストール」→「有効化」

もしくは

➁ダウンロードサイトでフォルダごとダウンロードし、FTPでサーバー側のThemeフォルダにアップロードし、有効化。
③または、管理画面の「新規追加」→「アップロード」でダウンロードしたフォルダを選択し、アップロードしてインストール。

各テーマは、インストールし、有効化してみると、プレビューで見るのと違うことがままあります。
気になるテーマは、一度、有効化で試されることをお薦めします。

また、個別のテーマのデザインを含めた詳細な機能については、そのテーマ名で検索してみると、記事が書かれている場合があります。

無料で配布されていたテーマが、WordPress.orgのページから消え、プレミアム・テーマとなっているということもあります。
なので、いいなぁと思うテーマはインストールし、ストックされることをお薦めします。


 

Chooko Lite

Chooko Lite   Just another WordPress site

Download&Demo.|Demo.|Portfolio.

制作者は、これまでWordPress公式配布無料テーマを3テーマ、制作しているようです。
制作したテーマにいずれもプレミアム・バージョンあり。

・レスポンシブル

癖のないピンクに、オーソドックスな作り。
ヘッダー画像から連想されるグルメ・ブログでもいいし、通常の日記ブログなども良さそう。

Read More…

[書評]ディケンズ『デイヴィッド・コパフィールド』1巻読了

05 6月 14
Spike
No Comments

 

チャールズ・ディケンズと言えばイギリス文学を代表するだけではなく。世界文学を代表する作家である。
その自伝的色彩の強い『デイヴィッド・コッパフィールド』全4巻のうち第1巻を読み終えました。
自伝的色彩は強いとは言え、私小説という独特のカテゴリーのある日本とは違い、あくまでも創作であるので、ディケンズが体験した事柄やその際抱いた心情が、この『デイヴィッド・コッパフィールド』に生かされているのみであって、この『デイヴィッド・コッパフィールド』の物語、登場人物に、まんま反映されたわけではない。

ディケンズに関しては、ごく簡単ではあるが、Wikiを制作中である。

チャールズ・ディケンズ | 本を読む人生.

Read More…

カテゴリー