Monthly Archives:10月 2013

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

ジョージ・オーウェル「1984年」におけるファシズム装置

20 10月 13
Spike
No Comments

 

ジョージ・オーウェル

1984年 (小説) – Wikipedia.

このジョージ・オーウェル – Wikipedia.作の「一九八四年」は、大ベストセラーとなった村上春樹の「1Q84」の題名の下敷きになり、内容も「1984年」を意識された小説です。

「1984年」は、スウィフト『ガリヴァー旅行記』と同じくディストピア(反ユートピア)小説として有名であり、暗いそうであって欲しくない未来を描いています。
スターリン体制下のソ連を連想させる全体主義国家を描いています。

1949年刊行。

ここでは、そのジョージ・オーウェル「1984年」に登場するファシズム国家を支える装置を、ご紹介致します。
この「装置」とは、僕が学生時代に一世風靡していたポストモダン用語であり、フランス現代思想用語であります。
システムのような意味合いがあります。

尚、このファシズム装置の説明は、文中の言葉を用いて解説しますが、この記事を読んでも、この「1984年」の輪郭はおぼろげながらわかると思いますが、これから読もうと思う方が、この記事を読んでも、損なわないのではないかと考えます。

Read More…

カテゴリー