Monthly Archives:5月 2013

Google vs Amazon vs Appleの覇権争いから見えてくるもの-クリントン政権の成果の結実

22 5月 13
Spike
No Comments

 

Google vs Amazon vs Apple

GoogleはAmazon撲滅作戦を決行するのか? | SEO Japan.
ますます好調のAmazon。目指すのは「帝国」ではなく「世界」 | TechCrunch Japan.
アマゾンからの挑戦状、アップルはどう受ける? 手数料を回避し、iPhoneで音楽を拡販.
AmazonAppstoreにアプリを出す流れ – RucKyGAMES_Info.
【グーグルCEOインタビュー】アップルとの関係は? Google+は? そして検索の未来とは? : ギズモード・ジャパン.
Google Wallet.
Google、クラウド・ストレージの料金を20%引き下げ―Amazonに対抗してバックアップ用ストレージ機能も追加 | TechCrunch Japan.

なぜ、IT企業のことが、このブログに?とお思いの方もいらしゃっるでしょう。

何故なら、すでに僕は、INTERNET HACK(インターネット・ハック).というブログを持っているし、そもそも「時に政治的・社会的発言を、交えながら、硬派な新書を中心に、紹介しています。」をテーマに掲げている、このKI-Academic というブログに相応しくないのではないかと。

Web2.0の提唱者ティム・オライリー氏は、来たるべきWeb3.0は、「おらゆるものの社会の中心に位置し、社会全体に影響を及ぼすであろう。」と述べている。

ある種のトレーニングを受けた者らは、出典を明らかにするのを、常習わしとしているが、

さて、そもそも「Web 2.0」の概念を提唱した ティム・オライリー氏は、「Web 2.0後」をどのように 見ているのでしょうか。 1ヶ月ほど前の日経産業新聞(2007年1月19日)に掲載された、 オライリー氏のインタビュー記事からポイントをご紹介します。 「十年後にはネットはあらゆるものの中心になっているだろう。 だが、我々は『Web3.0』とは呼ばない。なぜなら、次に来る 変化は今ある(ビジネス)のエコシステムを超えるものに なるはずだからだ」

引用元: 「Web3.0」・・・ティム・オライリー氏の見解.

オリジナル元

残念ながら、この時点では、僕は、読んだ本の気になる点をノートに書き残す習慣もなく、昨年より爆発的な勢いで始まった電子書籍の波が到来するずっと以前、読んでおり、幾ら探しても、どの本で読んだのか見つから。
そういう意味では、僕らにとって電子化は、アナログ派の僕にとっても朗報なのである。

Read More…

Oklahoma City tornado:We have to share. We needs to share.

21 5月 13
Spike
No Comments

 

In the evening of Japan, I have contact with this news.
Oklahoma City tornado: Latest developments – CNN.com.

Oklahoma City tornado:オクラホマ州の巨大竜巻で、米大統領が大規模災害宣言を発令。

I heard that the life of many children who have a Future is lost.
I heard  the news of A Massive earthquake in China,too.
But when it’s happened,I had no time to post because I’m very busy.
I was a scientist.
Now the Earth seems to be angry against the people who  have a hatred  each other to nationalistic.
We have to share.
We needs to share.

Thank you Every Peoples Of the World At 3.11.
From Japan.
K-I,Kazuo Ito又はTogusa,トグサ

I’m hearing now this music,Louis Armstrong “What a Wonderful World”.

Kazuo Ito – Google+ -2013/05/21 22:13 In the evening of Japan, I have contact with this news.…. より。

Read More…

カテゴリー