Monthly Archives:2月 2011

2011年本屋大賞ノミネート作品発表!!ストーリー紹介

13 2月 11
Spike
No Comments

<僕と本屋大賞の出会い>
僕と本屋大賞の出会いは、第1回の2004年からです。
何故、手に取ったのかは今は忘れてしまいましたが、多分、僕はそれまで自分が読んできた本に飽きが来てしまって、新たな本との出会いを求めていたのでしょう。
創設当時は、どれほど話題になっていたかは定かではありませんが、今では本屋大賞というと、選ばれと爆発的に本が売れるので、それに物凄い確率で映画化もされ、それがさらに話題になり、本が売れる、ということから出版社からは、芥川・直木賞よりも注目されているようです。
また、一般読者にとっても芥川・直木賞よりも、本屋大賞で選ばれる本の方が取っ付き易いということもあり、大いに注目し、その動向は書評系ブロガーらにも注目されています。

今は改善されているのかもしれませんが、僕が手に取った『本屋大賞〈2004〉』は、選考に当たった書店員の人達の感想が羅列してあるだけで、一体選ばれた本が、どういうジャンルのどういう内容の本が非常に分かりにくい体裁となっていました。
それでも本屋大賞に選ばれた小川洋子さん(恥ずかしながら、小川洋子さんのお名前を拝見したのは、この時が初めてでした。)の『博士の愛した数式
』が、どうやら数学に関係する純文学のようだということがわかりました。
ちょっと興味ないなーということで、そのままだったのですが、多分、映画化されることを知り、慌てて読み始めたと思います。
読んでみると、これが中々良く、さすが本屋大賞に選ばれる事はあるなーと感慨にふけったと思います。

<現在の本屋大賞の僕の率直な感想>
そんなこんなで、毎年、本屋大賞には僕も注目していたのですが、選ばれる作品を見ると、僕が単に知らなかっただけかもしれませんが、一番最初の小川洋子さんの『博士の愛した数式』のような、本当に本好きな書店員さんが、本屋の片隅にある本を、そっと推薦してくれたような温かみを感じさせるようなものではなくなって、なんだかお祭りのようになり、わざわざ本屋大賞に選ばれなくても売れている本ばかりが本屋大賞に選ばれているような気がするのは僕だけでしょうか。

まあ、あまり硬いこと考えずに楽しめばいいんでしょうけれども。
それでは、今年(2011年)、本屋大賞に選ばれた作品を発表いたします。

Read More…

カテゴリー