Monthly Archives:11月 2009

村上春樹『1Q84』book1を読み終えての感想

11 11月 09
Spike
No Comments

 

100万部以上、売れ今や社会的ブームといえるような話題を提供している村上春樹氏の『1Q84』ですが、先ほど読み終えることが出来ました。
book1の導入部は比較的、引き込まれやすかったのですが、book1後半からbook2の前半部にかけての乱交パーティーも含めた性描写が延々と続くところは、非常に読みづらく、読書の進行も滞り気味でしたが、book2の前半を過ぎたら辺、物語が動き出すと先を知りたくて堪らず、1日で一気に読み終わりました。

読後感は、重要シーンがありありと目に浮かび、2人の主人公・青豆と天吾の恋愛体験を彼らの親しい者として、ごく近くで目撃したような僕の読書遍歴にもかつてないような読書“体験”を得ました。

どんなに感動したといっても、心は動かされるけれども、ここまで頭の中で映像がありありと現れたのは、僕にとって非常に珍しい読書経験でした。

Read More…

カテゴリー