Monthly Archives:12月 2008

「このミステリーがすごい!」2009年版ベスト10 海外編 発表!!

26 12月 08
Spike
No Comments

「このミステリーがすごい!」の国内編の結果は、いかがでしたでしょうか?
本屋大賞もとった伊坂幸太郎氏の『ゴールデンスランバー』が、今年は強かったようですネ。
『ゴールデンスランバー』は、読了済みであるため、近々、レビューをアップしたいと思います。
さて、海外編ですが、各ベスト10では、ベスト1は違えど、ラインナップされた作品は、同じ作品が多いようです。

さて、「このミステリーがすごい! 2008年のミステリー&エンターテインメントベスト10 2009年版」の海外編のベスト10は、いかがでしょうか?

Read More…

「このミステリーがすごい!」2009年版ベスト10 国内編 発表!!

25 12月 08
Spike
No Comments

早川書房のベスト10は、いかがでしたでしょうか?
あなたのお目当ての作家は、ランクインしていてたでしょうか?
今度は、もっとも有名であろう“このミス”こと「このミステリーがすごい!
icon」の国内のベスト10を発表いたします。

それでは、早速、1位から行ってみましょう!!

Read More…

2008年、ノーベル平和賞の業績

19 12月 08
Spike
No Comments

10日、ノーベル平和賞の授賞式が行われました。
受賞者の元フィンランド大統領のアハティサーリ氏(71)は、演説の多くを「平和構築で最難関」とする中東問題に割き、「もしこの地域が一つになって経済的な潜在能力を発揮し、優秀な人材を活用し、3大陸の結節点という地の利を生かして発展し始めた時に、どんな世界が広がるのか。そんな未来を想像することが、きっと解決につながっていく」と語った。

アハティサーリ氏は、30年以上にわたって旧ユーゴや北アイルランド、アンゴラ、インドネシアのアチェ、コソボなど世界各地の紛争や内戦の調停にかかわり、和平をもたらした功績が評価された。

Read More…

2008年ノーベル文学賞、仏のル・クレジオ氏に

19 12月 08
Spike
No Comments

情報は、かなり遅くなってしまったのですが、2008年のノーベル文学賞をフランスの作家ジャン・マリ・ギュスターヴ・ ル・クレジオ(Jean-Marie Gustave Le Clezio )氏(68)に、決定しました。
ル・クレジオ氏の授賞理由についてスウェーデン・アカデミーは、「新しい出発、詩的冒険、官能的エクスタシーの作家であり、支配された文明社会やそれを超えた人間性の探求者」とたたえた。

ル・クレジオ氏はスウェーデンの公共ラジオ放送を通じて「心が揺さぶられ、非常に感動している。(授賞は)大きな名誉だ。アカデミーに心から感謝する」と、授賞の喜びを語った。

Read More…

早川書房「ミステリが読みたい!」2009年版[日本部門]ベスト10発表!!

02 12月 08
Spike
No Comments

海外部門の結果はいかがでしたか?
今年は、宮部みゆきさんや東野圭吾さん、伊坂幸太郎氏らのベストセラー作家が、それぞれ新刊を発刊いたしましたが、この早川書房の「ミステリが読みたい!」での結果はいかがでしょうか。
それでは、日本部門の発表を行います。

Read More…

早川書房「ミステリが読みたい!」2009年版[海外部門]ベスト10発表!!

01 12月 08
Spike
No Comments

セブンアンドワイで予約注文していた早川書房の「ミステリが読みたい!」2009年版が届いたので、海外部門の結果をお知らせします。
セブンアンドワイは、1500円未満でも近くのセブンイレブンで受け取りなら、送料は無料です。
では、海外部門のベスト10を発表いたします。
例年のように、最初は、取りあえずは、ストーリーのみ紹介し、「ミステリが読みたい!」2009年版に書かれている解説等は、順次、更新していくつもりです。

Read More…

カテゴリー