Monthly Archives:10月 2006

ダン・ブラウンさん、3作目はなしよ 「天使と悪魔」

15 10月 06
Spike
No Comments

「ダ・ヴィンチ・コード」が、美術とキリスト教に関わる物語だとすれば、この「天使と悪魔」は、科学(物理学)とキリスト教にまつわる物語です。
といっても、この「天使と悪魔」では、「ダ・ヴィンチ・コード」のように科学に関する薀蓄(うんちく)を読めるわけではありません。

しかしながら、往年のヒッチコックのサスペンス映画のように、愛し合う二人が愛を交わしたいのに次々サスペンスに見舞われて・・・という面白さは、ありました。
「ダ・ヴィンチ・コード」でキリスト教にまつわる秘密みたいなものが面白かったという人にも、ローマ教皇選出の秘密が、事細かに書かれているので面白いのではないでしょうか。

Read More…

映画化された島田洋七「佐賀のがばいばあちゃん」を読んでみた

15 10月 06
Spike
No Comments

近くの本屋で、この島田洋七の「佐賀のかばいばあちゃん」のシリーズが平積みにされていた。
なんでも、第1作のこの「佐賀のかばいばあちゃん」は、映画化もされているという。
島田洋七は、好きなお笑い芸人でもあるし、面白そうなので読んでみた。

前書きで、島田洋七さんは「お金がないから、不幸」と考えてしまう現代人は、大きな勘違いしているのではないかと問い、「幸せは、お金が決めるものじゃない。」と述べています。
そんな島田洋七さんが、小学2年生から中学を卒業して佐賀を旅立ち、島田洋七さんの生まれ故郷・広島の高校へ進学するまでの、「先祖代々の貧乏」という祖母かばいばあちゃんとの昭和30年代の“明るい貧乏生活”をつづった作品です。

Read More…

カテゴリー